毛深い原因

毛深い原因は遺伝もあるけれど対策も数多くある

毛深い方は子供の頃からその悩みを抱えて過ごしてる方が大多数でしょう。大人になって毛深くなったのではなく、子供の頃から気にしてる方が多いです。

 

そのような方はご両親両方とも毛深いとか、どちらかが毛深かったりするパターンが多いようです。要するに、毛深い原因は遺伝のようです。ご兄弟も同じように毛深いパターンが多いでしょう。

 

しかし、現在はたくさんの対策法があります。ご予算や目的に応じて除毛ができますので、 大人になると案外悩んでる人は少なくなるかもしれません。

 

ではその対策方法としてどのようなものがあるかご紹介しましょう。まずは自己処理として、自分でシェービングをするというものです。子供の頃はこの方法で除毛する方が最も多いでしょう。

 

シェーバーは100円ショップでも購入できます。肌が丈夫であれば、このようなシェーバーでも大きな問題を起こすことなく、ムダ毛のない素肌を一瞬で作れます。シェービングクリームやローションなど、剃る前後のケアに少々手間暇をかければ、あっという間にキレイなつるつる肌にできます。

 

次に、脱毛クリームや除毛クリームなどを使う方法です。シェーバーを使うよりも肌の負担になりにくいですし、痛みなどないので、昔からとても人気の方法です。ただし、クリームなどを塗ってから除毛するまでに若干時間がかかります。

 

この脱毛クリームや除毛クリームに近い方法で、脱毛ワックスというものを使う方法もあります。これはワックス剤を塗ってから布のようなものを当て、一気に剥がしてムダ毛を取り除くという方法です。簡単ですがやや痛みが伴いますので、好き嫌いがあります。

 

そして、変わった方法ですが、脱色という方法があります。日本人の毛は黒っぽいので目立つのですが、脱色をして茶色や金色にしてしまえば、ぱっと見た感じムダ毛は目立たなくなります。

 

脱色はムダ毛が多くても、1本1本の毛が細目であれば、効果的な対策です。意外と金色の毛が好きだという方もいるものです。白人女性などはよく見ると、顔にも体にも金色の毛が生えている方も結構います。

 

次に、プロにお任せする方法です。これには今流行りの医療クリニックで行う医療脱毛や、脱毛サロンで行う光脱毛などがあります。

 

最近は、医療クリニックでの脱毛も、脱毛サロンによる脱毛も、料金がかなりお得になりました。脱毛サロンでの光脱毛などでは、数百円で1回の脇毛脱毛ができたりする所も増えました。時間とお金はかかりますが、医療脱毛であれば永久脱毛が可能です。

 

このようにムダ毛対策は色々ありますので、毛深くても悩む必要はありません。