VIO脱毛

VIO脱毛するときの体勢は恥ずかしい?照射するときの格好は?

デリケートゾーンの脱毛をする人が増えてきました。デリケートゾーンのムダ毛を無くすことで、デリケートゾーンを清潔に保てるため、蒸れを防いだり、かゆみや臭いの軽減につながりますし、下着や水着などからはみ出るムダ毛を気にしなくてよくなるからです。ビキニラインをVライン、性器周りをIライン、お尻周りをOラインと呼びます。これらの部分を脱毛することを、VIO脱毛といいます。VIO部分はカミソリ処理などで肌に負担がかかると、色素沈着などの肌トラブルが起こりがちなので、脱毛の専門機関で施術するのがおすすめです。

 

VIO脱毛は、脱毛コースでも人気がありますが、興味はあっても、施術体勢が恥ずかしいと躊躇する人も多いです。それぞれどんな体勢で施術が行われるのでしょう。

 

Vラインの場合、紙パンツのようなものを着用することが多く、仰向けの体勢で、紙パンツを少しずつずらしながら脱毛部位を照射していきます。タオルを巻いて、タオルをずらしながら行う場合もあります。Iラインの場合も紙パンツを着用し、仰向けになります。片ひざを立てて外側に倒し、紙パンツをずらしながら照射する、または両ひざを立てて外側に倒して行うこともあります。どちらにせよ、紙パンツを着用しているので、性器が丸見えになることはありません。Oラインは、肛門の周りになるので、何も着用せず、うつぶせの体勢になります。横向きや四つんばいの格好になることもあります。お尻を広げるために、スタッフが二人がかりで行うこともあるようです。

 

このようにVIO脱毛する際には、恥ずかしさが気になるところですが、スタッフは施術に慣れていますし、目を守るためにサングラスやゴーグルを着用しているので、周りも見えにくく、施術を重ねるうちに恥ずかしさが薄れてくる人も多いです。痛みを我慢することで精一杯、という人もいます。いずれにせよ、施術時間は10分程度なので、少しの時間恥ずかしさを我慢していたら慣れてきたという人が多いです。

 

また、Iラインを脱毛する際は、性器周りが刺激され、濡れてしまうこともあります。スタッフは、ムダ毛の知識だけでなく、デリケートゾーンの知識も熟知しています。正常な反応だと考え、スタッフに任せる気持ちで臨むとよいです。

 

施術時の恥ずかしさは一時的なものと考えましょう。どんな格好で施術が行われるのかが心配な人は、無料カウンセリングのときにしっかり確認しておきましょう。脱毛が完了すれば、デリケートゾーンのムダ毛を手入れする必要がない、快適な生活が得られます。

岐阜の方へ・・・・・ 『岐阜の脱毛マニュアル』岐阜県民によるオススメ脱毛サロン解説サイト

VIO脱毛の痛みは、どの程度なの。軽減させる方法も知りたい

夏が近づいてくると、全身のムダ毛が気になるという女性が増えてきます。
海やプールなどのレジャーの機会が増えるため、足や腕、両わきなど人目に付きやすい部位のムダ毛はもちろん、VIOラインのムダ毛も目立ちやすくなるので注意が必要です。
VIOラインのムダ毛を自己処理する人も多くいますが、目が届きにくい部位に加え、肌が非常にデリケートな場所なので注意しておこなう必要があります。
間違った処理を繰り返していると炎症や黒ずみなどが起こる可能性があるので気を付けましょう。
これらの肌トラブルをカバーしながらVIOラインをケアするなら、VIO脱毛がおすすめです。
美容クリニックやエステサロンで受けることができるVIO脱毛は、専門知識を持ったスタッフが最新の脱毛マシンで処理を進めるので、肌トラブルが起きにくいというメリットがあります。
いざVIO脱毛にチャレンジしようと思った場合、どの程度痛みがあるのか不安だという人が多くいます。
脱毛に使用されるレーザーやフラッシュには、ムダ毛に含まれているメラニン色素にダメージを与えるという性質があります。
このメラニン色素は黒色に多く含まれているため、ムダ毛が濃い部位では効果が高くなっています。
そのため、痛くなる傾向にあります。
さらにVIOラインは肌がデリケートな場所なので、腕や足などの脱毛と比べると痛みが大きくなるのが一般的です。
個人差もありますが、輪ゴムで弾かれたような痛さと感じる人が多いようです。
VIO脱毛の痛みを少しでも軽減させるには、デリケートゾーンのスキンケアをするのがおすすめです。
肌は乾燥していると、外からの刺激を敏感に感じやすくなります。
ですので、脱毛の痛みを軽減させるために保湿クリームを使用して肌の潤いをアップさせてみましょう。
さらに日焼けや黒ずみなどで肌のメラニン量が多くなると、レーザーやフラッシュが作用してしまう可能性があります。

日焼けをしている場合は、色が落ち着くまで脱毛を控えることで軽減させることができます。
美白化粧水やクリームで日焼けや黒ずみを解消していくこともおすすめです。
VIO脱毛をする時には、生理前後を避けるよう心がけることも大切です。
生理前後は通常時よりも肌が敏感になっているので、必要以上に痛みを感じやすくなっています。
脱毛の予約をする時は、自分の生理周期を把握して、その前後を避けるようにスケジュールを組むようにしましょう。